アートバルーンの作り方

アートバルーンの作り方

アートバルーンは、ツイストバルーンとも呼ばれるように風船をねじることによって形を作るものです。
空気を入れるためにしぼんでしまうので長期間保存することはできませんが、簡単なものであれば手作りすることもできてとても喜ばれるハンドメイドギフトにもなります。
楕円形の一般的な風船ではなく、専用の長細い風船が販売されていて太さもさまざまあります。
一般的には、2インチの太さのタイプが多く使われており、260などの数字で表示されています。
これは、太さが2インチで長さが60インチということを示しており、数字の後ろにアルファベットがあるものは製造した業者名となっています。
作り方は、先に風船に空気を入れて口をしっかりと結び、ねじって形を作ります。
空気入れは100円ショップでも手に入れることができるものです。
ねじる時は、軽くつまんで両手で引っ張るようにして時計回りに回します。
たくさんの色の風船を組み合わせて人形などカラフルにすることもできます。

意外に簡単な子どもに大人気の
バルーンアートの作り方

ショッピングセンターや催事場などで色とりどりのバルーンでできた動物や花、キャラクターなどが飾られています。
最近はその場で子供に作ってほしいものを聞き、作りながら営業する光景も見られます。
やはり子供にとっては目の前であれよあれよと形作られていくのはとても魅力的で、子供連れの親御さんなら子供がとても欲しがり思わず足を止めてしまった経験をされた方も多いでしょう。
しかし無料とは言え、例えばアンケートをお願いされたり時には風船をもらうための順番待ちで時間をとられてしまうのは辛いものです。
そこで、かわいい我が子の為に自分でバルーンアート作りにチャレンジすることをお勧めします。
一見するととても難しいように見えますがコツさえつかみ、割れた時の恐怖心さえ克服できれば意外と簡単にできるのです。
材料も百円ショップや玩具店で手に入りますし、作り方はネットでバルーンアートと検索すれば動画で詳しく説明してくれるサイトが見つかります。
子供の前でパパッと作って喜ばせてみてはいかがでしょうか。

Valuable information

2017/3/2 更新