HOME

 

新着履歴情報

手形割引の割引料のことについて

手形割引を利用すると割引料を差し引いた金額が換金されます。
そしてその割引料ですが法律で上限が定められているのだそうです。
調べてみると、例えば100万円以上の場合ですと15パーセント以下で10万円以上100万円未満の場合は18パーセント、そして10万円未満の場合でしたら20パーセント未満になるのだそうです。
ですのでもしもこの決まりを破って高い利息で割り引くようなところがあればそれは法律を遵守していないということになります。
これで安心なところなのか危険なところなのかがすぐに分かるのではと思います。
しかしこれらはあくまでも上限にしかすぎません。
ですの手形割引業者ではより多くのお客さんに利用してもらうために上限一杯の利息で割引くのではなく、もっと安い利息で換金してくれるところが多いのです。もちろんお得に利用できるかできないかはその振出人になっている企業の信頼度にもよります。
ちなみに大体の目安みたいなものがよくサイトのほうに掲載されていますが、大企業であればあるほどに信頼が高くなりますので、割引料が安くなるのだそうです。
そもそも皆さんも手形で支払いをしてもらうときには、信頼のできる企業だけ手形を受け取るようにしてもらいたいと思います。
過去に何か問題を起こしたところは避けてもらいたいと思います。
そもそも危険な手形は受け取らないというのも自衛の手段だと思います。あまり信頼の無い手形は割引量も高くなりますし、また割引のサービスそのものが利用できないこともあるからです。何一つメリットがありませんので気をつけてもらいたいと思います。
手形割引というのは割引料がいいかどうかで決めるべきです。
ちなみに先程の法律で定められた手形割引の利息の上限というのは調査料金や手数料などもすべてを加えた場合での上限になるのだそうです。
ですのでもしも20パーセントもの割引料を取っておきながらさらに手数料などを取るようなところは避けてもらいたいと思います。
手形割引の割引料は取引が多くなればなるほどお得になるということはありません。よく使っているからという理由で優遇されることはありません。
しかし逆に振出人の信頼さえあればはじめて利用する人でもかなりお得な割引料で利用することもできます。
皆さんも是非このような知識について知ってもらいたいと思います。
知識について知っているのか知っていないのかによってかなり違いが出るからです。

HOME